私の皮膚は日光に弱く、すぐ赤くなってヒリヒリ痛くなります。母も同じような肌でした。また、電話に出ると母の友達に母と間違えられることがよくありました。このように外見、性格、小さな癖など、親に似ているけれども、同じではないというのが私たち生き物です。今回はこれらをつかさどる「遺伝子」について、整理してみようと思います。

生物が持つ形や性質などを形質といい、形質が親から子へと受け継がれることを遺伝といいます。そして遺伝が起こるためには親から子へ何らかの要素が受け渡されているはずだと昔の人が考え、「遺伝子(gene)」と呼ばれるようになりました。その後、その遺伝子は染色体という細胞の核の中のヒモ状に見える構造物に、数珠つなぎになっていることがわかりました。染色体はタンパク質とDNAで構成されていますが、遺伝子の本体がDNAであることがわかったのは、20世紀中頃のことです。そしてDNAが自己複製するのに都合のよい二重らせんで構造であることが解明されたのです。

遺伝子とDNAは同じようなものであると見なされることが多いのですが、遺伝子はある特定の働きをする機能がともないます。一方DNAは「デオキシリボ核酸」という物質であり、遺伝子の本体といえます。つまり、遺伝子を数珠つなぎしているのがDNAです。すべての細胞(人間なら約60兆個)がこのDNAを持っていることが判明しています。しかもそれぞれの細胞(直径0.001~0.003㎜程度)に入っている遺伝子には、体全体のすべてにわたる形質の特徴が刻み込まれています。小さな小さな世界に、たくさんの重要な情報が秘められているのです。

DNAの情報をもとに形質の基となるタンパク質を合成する際、直接的にDNAがタンパク質を作っているわけではなく、DNA→RNA→タンパク質という一方向の順に進みます。この間に行われるのが「転写」と「翻訳」というプロセスです。

「転写」 DNAを鋳型にしてRNAを作ることを「転写」といいます。2本鎖DNAがほどけ、一本のヌクレオチド鎖をもとにして相補的なRNA(メッセンジャーRNA・mRNA)を合成します。

「翻訳」 mRNAの塩基配列をもとにしてアミノ酸の配列が決まりポリペプチド(タンパク質)ができることを「翻訳」といいます。

遺伝子は次の2つの能力を持っています。

(1) 自己複製能力
遺伝子は、幹細胞から生殖細胞へ、幹細胞から体細胞へ、細胞から体細胞へ、複製されながら伝わっていきます。結果、すべての細胞が完全な遺伝子を持っていることになります。この複製の制御が失われると、がん細胞になってしまいます。

(2)遺伝情報発現の能力
形質は遺伝子に刻まれた特徴が現れたものです。遺伝子の中に、手の形、目の色、消化液のつくり、皮膚の構成、などすべてが刻まれています。そういった特徴が、適切な条件で適切な場所に現れることを遺伝子の発現といいます。遺伝子の発現は遺伝子のスイッチがONになることです。そして、スイッチがONになれば、それに沿って、生物の形質が現れます。

さて、細胞がガン化するとか、細胞が脂肪を生産して肥満になるとかは、先に説明した複雑な過程において、何らかの異常が出現し、タンパク質が作用して細胞が変化することに由来します。

一方、薬とは、体の中で起きたこれらの遺伝情報の発現に作用して、症状を抑えようというものです。高血圧を下げたり、前立腺癌の増殖を抑えたり、病気の状態に合わせて様々な働きをします。私のような素人にはとても理解できない深くて複雑な世界ですが、ほんのわずかな違いで、薬の効果は変わってくるのでなないかということが想像できます。同じ名前の薬であっても、先発薬と後発薬では、どこか作用が違うのではということをよく耳にするのもそのためです。

 

◎連載過去記事(カテゴリー・リンク)
赤木夏 遺伝子から万能細胞の世界へ ── 誰にでもわかる「ゲノム」の世界 

▼赤木 夏(あかぎ・なつ)[文とイラスト]
89歳の母を持つ地方在住の50代主婦。数年前から母親の異変に気付き、本通信で「老いの風景」を連載中。

月刊『紙の爆弾』9月号「れいわ躍進」で始まった“次の展開”

大学関係者必読の書!田所敏夫『大暗黒時代の大学──消える大学自治と学問の自由』(鹿砦社LIBRARY 007)

遺伝子とかDNAといって私が思い出すのは、生物の授業でアデニン・グアニン・シトシン・チミン、アデニン・グアニン・シトシン・ウラシル、ヌクレオチドなど呪文のようにカタカナを暗記したこと、「二重らせん構造、二重らせん構造って言うけど、それってそんなに重要なことなの?」と思ったこと、それからエンドウ豆から発見されたという『メンデルの法則』などです。

スーパーで「遺伝子組み換え大豆は使用していません」と表示された食品を目にするようになったのは、いつの頃からだったでしょうか。あれを初めて見た時、「そうか、遺伝子組み換えをした食品は危険なのね」と理解しました。逆に「これは遺伝子組み換え食品です」という表示ってありましたっけ。もしも知らないうちに口にしているのだとしたら、それはちょっと気持ち悪いです。

遺伝子組み換え、遺伝子操作、クローン技術、クローン人間……SF映画の怪しい世界を連想してしまいます。「スタップ細胞はあります」か「ありません」かは、あの過剰なワイドショーのお陰で興味がなくなってしまいましたが、現実に万能細胞と言われるものが作られ、その応用が日々研究され、私たちの生活の中に入り込んできているわけです。

そうか、そんな研究をしている企業に絞って投資をするというのが、あの証券会社の営業マンが言っていた「グローバル全生物ゲノム株式ファンド」なのかしら。それにしても、なんとなく怖いというか、危ういというか、慎重に検討する必要がありそうです。

「ゲノム」という言葉は、特に最近よく見聞きするようになりました。先日もテレビで「ゲノム編集」という特集があり、遺伝子を書き換えることによって食品の品種改良を行うだとか、医療分野への応用が期待されているだとか言っていました。でも正直なところ、今一つ正体がわかりません。私はもっと詳しく知りたくなりました。

まず、気になっていたジェネリック薬品について、詳しい方に伺ってみました。医療行政が、医療費圧縮のため、ジェネリック薬品の使用を推進しているそうです。薬価では、先発薬とジェネリック薬品(後発薬)との間では、5倍違う(!)のはざらにあるそうです。先発薬は、その薬効について、phase4まで詳細に検討して、認可されています。後発薬は、先発薬の該当薬品が同じ量入っていること。それから目に見える副作用、例えば、発熱を起こさなければ、認可されているそうです。

また後発薬の多くは人件費の安い外国で生産され、日本に輸入されていることはまったく知りませんでした。この問題に詳しい方は、「後発薬の製造過程で、生成する副産物等については、ほとんど検討されていません。そのため、当該薬品以外の組成はかなり違うとされています。従って、後発薬には、先発薬にない作用(副作用)もあると多く医師は認識しています。こうした副作用は、特定の人が被害を受けているのではなく、ほぼ国民すべてです。患者の意識が高ければ、医師から処方してもらう時、そして、薬局で薬を貰う時、先発薬を指定して貰うことも可能です。しかし、多くの場合は、安易な、ジェネリック薬品へと流れてしまいます」と警告を発してくださいました。

ジェネリック薬品の構造的な問題については理解できました。では、本当に先発薬と後発薬(ジェネリック薬品)は、服用したときに効能が異なるのでしょうか。だとしたら私たちは本当に注意深く薬を選ぶ必要があることになりますよね。

先行薬と後発薬を与えた個体の遺伝子にどのような変化が生じるか? このことがわかれば私達も簡単に先行薬と後発薬(ジェネリック)が同じ効用なのか、違うのかを知ることができます。そして、ある方のご協力で、近く詳しい検査結果がわかることになりました。是非皆さん期待してください!

その前にもう少し「遺伝子」、「ゲノム」といった基本的な言葉の意味をおさらいしておく必要があるでしょう。(つづく)

[連載]遺伝子から万能細胞の世界へ ── 誰にでもわかる「ゲノム」の世界
    
▼赤木 夏(あかぎ・なつ)[文とイラスト]
89歳の母を持つ地方在住の50代主婦。数年前から母親の異変に気付き、本通信で「老いの風景」を連載執筆(全15回)。

創業50周年!タブーなき言論を! 月刊『紙の爆弾』8月号

大学関係者必読の書!田所敏夫『大暗黒時代の大学──消える大学自治と学問の自由』(鹿砦社LIBRARY 007)

かぜをひいたり、体調が悪くなって、近所の診察所に行くと「とりあえず3日分の薬と、熱さましを出しておきましょう」とお医者様から言われた経験はないでしょうか。ほっと一息ついて会計を済ませ処方箋をいただき、薬局に行きます。処方箋にはお薬の名前ではなくて、成分の名前が書かれているので、素人にはどんなお薬が頂けるのか、薬局に行くまではわかりません。

それで薬局に着いて、処方箋をお渡しします。しばらくすると名前が呼ばれて「このお薬、『ジェネリック』もあるのですが、どうなさいますか?」と薬剤師さんに聞かれます。

「『ジェネリック』と普通のお薬はどう違うのですか?」と伺うと、「お薬の効用は同じです。特許が切れたお薬は安くなりますから同じ効果で『ジェネリック』は安いですよ」と説明されました。同じ効果で安いのなら「ジェネリック」でいいや。と「ジェネリック」を選択なさった方も多いのではないかと思います。普通ですよね、この感覚。

でも、私の友達に、もう10年以上睡眠薬を常用しているひとがいます。彼女が「いままでは、○○という睡眠薬でよく眠れてたの。でも薬局で『ジェネリック』のほうが安いよ、と言われて先月からお薬を変えたら、いままでみたいに寝付けないのよ」というの聞いて、私にも似た記憶がありました。

主人が急性の腸炎にかかったときに、整腸剤と下痢止めを処方されて帰ってきました。主人は「これは効くかなぁ?」と不思議なことを言います。「なんで? あなた薬剤師だからお薬のことは詳しいんじゃないの?」。

実は主人は薬剤師として大学病院に勤務しています。主人の話では「『ジェネリック』とそうでない薬は、『効果は同じ』と説明することになっているけれども、薬の主成分の量は先発薬とジェネリックで同じであるが、錠剤は主成分の効果を効率よく発揮させるために補助的薬剤に差異があります。これは各社ノウハウとして表にだしていません。きょうもらった薬のことは知らないからわからないけど、先発薬と後発薬は同じではないのが、薬剤師の世界の常識」ということでした。

どうしてもっと早く教えてくれないの!とちょっと腹が立ちましたが、腸炎で苦しんでいる主人を責めることもできず、「へー、そうなんだ、これからはちょっと注意しよう」くらいに、頭の隅にこのことは残っていました。

 

ところが先月自宅の固定電話にびっくりする電話がかかってきました。

「アメリカでは今ゲノム分析への投資が、トレンドです。日本ではまだあまり知られていませんが、これから必ず火が付くでしょう。実は既に、日興アセットマネジメント会社が『グローバル全生物ゲノム株式ファンド』と呼ばれる投資信託が始めています。投資先は、現在のところすべてアメリカです。いま株や国債に投資しておられるのはもったいないです。元本保証の商品もありますし、私の証券マンとして長年の勘からも、間違いない商品です。私たちの世界には『アメリカで流行したものは5年後日本で流行する』という格言があります。全部ではありませんが、私の見るところ、金融商品に関しては間違っていません」

こう一気にまくし立てたのは、もう20年以上お付き合いのある、証券会社の営業の方でした。これまでも誠実に接してくださり、その人柄や知識は夫婦ともども信用していましたので、主人が帰宅後その話をしてみました。

その電話がまさか、これからお話しするような世界や、命を巻きこむ展開に繋がっていくとは、私たち夫婦も予想しませんでした。「ジェネリック」が「ゲノム」にそれから「万能細胞」の世界まで、私たちを連れてゆく旅路の出発点だったのです。

▼赤木 夏(あかぎ・なつ)[文とイラスト]
89歳の母を持つ地方在住の50代主婦。数年前から母親の異変に気付き、本通信で「老いの風景」を連載中。

創業50周年!タブーなき言論を! 月刊『紙の爆弾』8月号

大学関係者必読の書!田所敏夫『大暗黒時代の大学──消える大学自治と学問の自由』(鹿砦社LIBRARY 007)